KANAME szkoła języka japońskiego Wrocław

Piątkowy Quiz KANAME - 金曜日のクイズ - 131

Gramatyka na poziomie B2 / JLPT N1. Powodzenia!
{n_photo_title}
使い方が同じ文法を選ぶ:
Gramatyka - B2 / N1 - cz. 1
Rozpocznij quiz
1. 「かぎり」明日、彼が海外から戻ってくる。うれしいかぎりだ。
秋は紅葉狩りにかぎる。

心細いかぎりだ。誰も手を貸してくれないなんて。

今日をかぎりに禁煙することにした。

親に頼っているかぎり子どもは自立できないだろう。

2. 「ながら」この音楽家は生まれながらにして音楽の天才だった。
残念ながら今回の件はなかったことにする。

息子は毎日働きながら、大学に通っている。

この事務所は狭いながらも自宅に近いので満足している。

子どもは涙ながらに恐ろしい体験を語ってくれた。

3. 「~という」デザインといい色といいこのブランドの製品がやはり一番だ。
大きい目といい、黒い髪といい、彼は母親にそっくりだ。

明日には晴れるといい。

疲れたのなら一息つくといい。

この袋はエコバッグといい買い物に使える便利なものだ。

4. 「こと」他の人に頼らないで、まずは自分でやってみることだ。
もう少し時間があれば逆転できたのだが。残念なことだ。

田舎の事とて何もございませんがどうぞゆっくりしていらっしゃってください。

運転を任されているのであれば誘われてもお酒を飲まないことだ。

年齢も若いことだし、そんなに焦らなくてもいいだろう。

5. 「もの」病院のお見舞いには菊の花を持っていかないものだ。
こんな小さい子供が上手にピアノを弾くなんて大したものだ。

乗り物の中でお年寄りを見かけたら席を譲るものだ。

たまに一人旅をするのも楽しいものだ。

昔はよくおやじに叱られたものだ。

6. 「ばかり」戦争のため、この両国の関係は悪化するばかりだ。
このままでは歴史の成績は悪くなるばかりだよ。なんとかしなきゃ。

彼は遅刻が多いばかりか、出された宿題もこなせていない。

勉強ばかりしていないでたまには息抜きをしたら?

帰れと言わんばかりに父はそっぽを向いてしまった。

7. 「まで」これだけがんばってもうまくいかないときはあきらめるまでだ。
確かにこのアイスクリームはおいしいけど、並ぶまでもないと思う。

特に私の言葉に深い意味はない。ただ慰めようとして行ったまでです。

おまえは自分の部屋の掃除まで親にさせるのか?

何度請求しても払ってくれないなら強行手段をとるまでのことです。

8. 「~ている」アポロ11号は1969年に月に着陸している。
弟は母によく似ている。

私は子どもの時にこの病気にかかっているので、もうかかることはない。

吉田は週に3回大学で韓国語を教えているとのことだ。

部屋の電気がついている。誰かが消し忘れたのだろう。

9. 「つつ」高級な酒を味わいつつ大好きな音楽をきくのが私にとって最高なときである。
悪いと知りつつもつい面倒くさくなってごみを分別しないことがある。

彼女のことが気になりつつも急いでいたので何も声をかけずに出てしまった。

この会社の環境は優秀な社員のおかげで改善されつつある。

森の中を一人で歩きつつ人生について考えることが好きで。

10. 「ともに」隣国の戦争とともに我が国の政治の問題について頭を悩ませている。
気温が高くなるとともに桜が開花し始める。

授業終了のベルが鳴るとともに生徒は一斉に教室を出ていった。

この村では住民がそれぞれ親とともに暮らすのが一般的となっている。

弊社ではお客様に対するサービスとともに安全性についても向上させる必要がある。

Tagi:

Udostępnij:
FaceBookPinterestTwitter

Cofnij

Zostaw komentarz
Wypełnij pola formularza:
(Pola oznaczone * są wymagane)




(Pola oznaczone * są wymagane)

Stopka

Zamknij